Simple is best! メルシーな名刺管理サービス「メイシー」 - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

Simple is best! メルシーな名刺管理サービス「メイシー」

投稿日:2015年05月20日  最終更新日: 2017年09月21日

はじめに

maysee

頂いた大量の名刺をどうするかは悩みどころです。名刺管理をしたいのは山々だけど、デジタルデータ化するには、相当な時間と手間がかかってしまう。名刺もフォーマットが統一されていれば簡単だけど、すべてがバラバラ。そんな時に名刺管理を解決してくれるサービスが「メイシー」です。

職場の問題

うちの会社は大手企業のようにシステムが整っておらず、そもそもネットやソフトウエアで使われるカタカナ表記に対しての苦手意識がある、人件費を削減していて顧客管理のために使う時間も人手もない。とはいっても、営業や打ち合わせ、セミナー、懇親会などに行くたびに、どんどん増えていく名刺…。そんな方のために名刺管理を請け負ってくれるサービスがあります。

名刺を郵送して、クラウド化

クラウド名刺管理が流行りつつある中で、この「メイシー」はある意味で異色な名刺管理サービスと言えるだろう。その理由は名刺自体をそのまま郵送して、デジタルデータ化してもらうという点にある。いわば、名刺管理のアウトソーシングと言っていい。メイシーのデジタルデータ化は、OCRエンジンがかかったデータを人が目視で確認しながら手入力し、チェックスタッフがさらに修正しているため精度が高く、そのデータの正確さはOCR(光学式文字読取装置)を使っただけのサービスとは比べものにならない。

typing

デジタルデータ化された名刺データは、専用のiPhone、Androidアプリで閲覧することが可能で、外出先でも、すぐに必要な名刺をアプリから呼び出して電話をかけたりメールを送ったりすることができる。また、アプリ上で名刺データの住所をタップするとGoogle Mapが起動し、今いる場所からのルートをチェックできるのも便利です。データ化される時間ですが、1000枚位で1~2営業日となり、送った名刺はデータ化された後返却されます。郵送にかかる日数だけ念頭におけば大丈夫でしょう。

シンプルなサービスでわかりやすい

メイシーの名刺管理サービスは、必要最低限のサービスでわかりやすいのも特徴のひとつです。クラウド名刺管理といえば、最近ではCRM、SFA機能が当たり前のように組み込まれていますが、そこをあえてシンプルに『名刺のデータ化』『メールの一斉送信』『管理』のサービスで提供しています。その理由に非IT企業の人でもマニュアルを見なくても使えるサービスを目指しており、他社の名刺管理とは違う個性を感じさせます。また、人力による名刺データ入力サービスや、クラウド型名刺管理サービスが他にもいくつかある中で、メイシーの強みの1つは月額1980円の名刺管理サービスで、メールの一斉送信までできる点であり、それは(同種のサービスの中でも)かなり安い方です。

おわりに

ここまで見てきたように、凄くシンプルなサービスですよね。その代わり、SalesforceやZoho CRMなどのCRMサービスと外部連携を図ることができます。その他にも、筆まめonlineを利用して年賀状を簡単に送ることも可能です。このように、基本サービスで十分という方にはわかりやすく、プラス必要に応じて外部連携を自分なりにカスタマイズしたいという方には、さらに名刺管理を深めていくことができるサービスといえるのではないでしょうか。個人情報である名刺を手元から離すことに抵抗がなければ、利用してみる価値のある名刺管理サービスといえるでしょう。メルシー、メイシー。

 

他の名刺管理ソフトを詳細にまとめた資料があるので、自分に合ったソフトをお探しの方は下記からダウンロードしてみてください。

2016年版名刺管理ソフトの比較表はこちら(無料)

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

↑
気になる語句で検索してみましょう!