注目の名刺アプリ「Eight」はココが違う! - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

注目の名刺アプリ「Eight」はココが違う!

投稿日:2016年09月20日  最終更新日: 2017年09月21日

人とのつながりがビジネスを加速する

人と人

まずは自分の名刺を撮影しよう

名刺アプリ「Eight」をインストールしてまずするのは、自分の名刺を撮影することです。

撮影すると、名刺の情報がデータ化されます。

「Eight」が他の多くの名刺アプリと違うのは、すでにここからです。

名刺の情報が正確にデータ化されるのです。

撮影したデータは手入力

「Eight」が情報のデータ化に採用しているのは、オペレーターによる手入力です。

名刺の画像は、「Eight」のオペレーターが目で見て認識し、手入力でデータ化します。

機械が認識すると、どうしても誤変換があるのですが、オペレーターによる手入力だと、手直しの必要もなく、正確にデータ化されます。

セキュリティも万全

「Eight」では、手入力の際のセキュリティも万全です。

「Eight」を運営しているのは、法人向けのクラウド名刺サービスを提供しているSansan(さんさん)株式会社です。

厳しい審査の法人にも提供できるサービスを運営している会社の、厳しい基準のセキュリティが採用されている「Eight」なので、安心して利用することができるのです。

保有する名刺を撮影しよう

自分の名刺を撮影したら、次は保有する名刺を撮影します。

これらの情報もすぐにデータ化されます。

ここで、「Eight」においての、あなたと名刺交換した相手とのつながりができます。

名刺の情報で、SNSのように他の人とのつながりが生まれるのです。

名刺交換した相手の情報が新しくなると自動的に更新されます。

名刺の情報に基づいて、ワンタッチで電話やメールを送ったり、更新情報にイイネをしたり、コメントしたりすることも可能です。

こうしてつながりが深まることにより、あなたのビジネスは加速していきます。

営業力アップを目指すなら「Eight」

「eight」

ネット上で名刺交換

「Eight」に名刺を登録していると、まだ顔を合わせたことのない相手と、ネット上で名刺交換することも可能です。

ネット上での名刺交換から、ビジネスに発展させることも可能になってきます。

ビジネスの可能性は無限の広がりを見せるのです。

フェイスブックの友達とも名刺交換

これまでビジネスにフェイスブックを使っていた人もいるでしょう。

そんな人にも使いやすいのは、フェイスブックの友達とも、自動的に名刺交換されることです。

フェイスブックと「Eight」を連携させると、フェイスブックのつながりを、「Eight」のつながりにそのまま移行することができます。

「Eight」ならビジネスに特化されているので、さらにビジネスを効率的に行うことができるようになります。

電話番号やメールアドレスをタップすると、すぐに電話アプリやメールアプリが起動するようになっているので、連絡も素早くできます。

パソコンでも使える

「Eight」は、パソコンで使うこともできます。

パソコン上でデータを整理したり、グルーピングやラベル付けもできます。

もちろん、パソコンで編集した内容はスマホの「Eight」にも反映されるので、使いやすさも向上します。

常に新しい情報が更新される

ビジネスに、新しい情報を知ることは最重要課題です。

「Eight」なら、名刺交換した相手の新しい情報がすぐに手に入ります。

相手が昇進したり部署が変わったり、転職したりしても、その名刺情報は自動的に更新されるのです。

しばらく会わなかった相手の連絡先が分からなくなって、連絡を取る必要があるときに連絡先が分からない、ということもなくなるのです。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!