世界を飛び回る法人名刺管理 CAMCARD BUSINESS - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

世界を飛び回る法人名刺管理 CAMCARD BUSINESS

投稿日:2015年05月11日  最終更新日: 2016年03月30日

はじめに

camcard

世界を飛び回るビジネスマンにとって、名刺は必需品。また、その名刺管理も大事なビジネスマンの仕事のひとつと言えるだろう。そんな世界を相手に戦うビジネスマンにとって、頼もしい旅の友、名刺管理ソフト「CAMCARD BUSINESS」について紹介してみよう。

≫camcardとEightの比較記事はこちらから

≫camcardとSansanの比較記事はこちらから

グローバルビジネスに相応しい名刺管理

名刺管理ニーズはグローバル規模、名刺の流通枚数は世界で100億枚と言われています。英語圏はもちろんのこと、特に今成長著しい中国を含め、ASEANなどのアジア圏の名刺交換事情は注目すべきところです。例えば、シンガポールや香港でも事情は一緒で、ビジネスシーンでは必ず名刺を交換します。やはり名刺交換という文化は、多少異なる部分はありつつも、世界中で共通であるように思えます。経済がある程度発展し、ビジネスパーソンが増える国では、名刺交換は自然に当たり前の文化として普及するのかもしれません。そこにおいて、どのような名刺管理ソフトが有難がられるかは、自ずと想像できるのではないでしょうか。

日本語他16言語対応

世界を相手にするビジネスマンにとって、言語が異なる名刺を持つのは当たり前です。そこで名刺管理するに当たって、読み方に四苦八苦する時間を何とか省略したいものです。世界中最も利用者数が多い名刺管理ソリューションは、画像を読み取るだけのOCR変換技術、日本語他16言語対応で名刺情報をテキスト化はありがたい機能です。また、CAMCARDの会員数は世界で1億人超、そのうち6割が中国圏と言われています。中国語に対応した名刺管理ソフトはいくつかありますが、OCR変換技術として最も信頼できる名刺管理ソフトと言えると思います。

業界最速!最速5秒で名刺情報をデータ化

wing

スマートフォンで名刺を撮影するだけ。高精度の画像補正・OCR変換技術がアプリ内に実装されているので、スピーディに正確なデータをクラウドにアップロードできます。「今すぐ使えるデータ」を社内で共有することにより、営業効率の向上につながり、オペレーターによる高速かつ高精度な補正も兼ねています。人口補正スピードは、最短5分で業界最速で精度も100%。WEBからも名刺データにアクセスできるので、修正をWEB上から行うこともでます。

スマートデバイスで利用完結、名刺情報の共有化

マルチデバイス対応で名刺撮影、名刺管理だけでなく、SFA機能を搭載し、商談やタスク管理も名刺と連携した形で行うことができます。iCloudやGoogleアカウントのアドレス帳に保存することも可能で、自分のプロフィールを登録しておくことで、ユーザー同士でQRコードや名刺レーダー機能でデジタルな名刺交換が可能です。また、アカウントを登録すると、名刺データをクラウド上に保存することができ、情報紛失の心配はありません。スマホ・タブレット・パソコンで、いつでも、どこでも名刺を閲覧・管理することができます。

おわりに

このように世界で最も利用されている名刺管理ソフト「CAMCARD」ですが、SalesforceやMicrosoft Dynamics CRMなど多くのSFAやCRMは海外で生まれており、リードマネージメントの重要性は海外でも同じでしょう。グローバルな視点で見てみて、これからの仕事は名刺管理のデータ化に留まらず、名刺共有サービスが重要なポジションを占めてくることは間違いないのではないでしょうか。その点においても言語に強い名刺管理ソフトは、魅力的なツールに違いありません。

↑
気になる語句で検索してみましょう!