【人気名刺管理アプリ比較・まとめ】Android・iPhoneで人気の名刺管理アプリを10個ご紹介

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

【人気名刺管理アプリ比較・まとめ】Android・iPhoneで人気の名刺管理アプリベスト10とは?

投稿日:2015年10月04日  最終更新日: 2017年11月01日

top10

スマートフォンで人気の名刺管理アプリを10件厳選!AndroidアプリからiPhoneアプリまで幅広くご紹介します。各アプリの製品名をクリックするとそれぞれのアプリの情報を見ることが出来るので比較してみてください。

名刺管理がはじめての方はこちらの記事をご覧ください。名刺管理を最大限利用することで得られる大きな効果について解説しています。

さらに、名刺管理サービスはそれぞれ機能が異なります。また、名刺を整理するために使いたい人とビジネスにも利用したい人、名刺の所有枚数が多い人と少ない人とではアプリに求めることは異なるでしょう。自分は何のために名刺管理をやっているのか、そして自分に合った名刺管理アプリはどれなのか、今回はそんな疑問にお答えべく比較表をご用意しました。機能マップなども用いて分かりやすく解説が入り無料でダウンロードできますので、本稿と合わせてぜひこの機会にご覧になってみてください。

Sansan

  • 製品名:Sansan
  • 開発元:Sansan株式会社
  • 価格・利用体系:別途見積もりが必要(無料トライアル有)
  • AppStore:Sansan – 名刺を企業の資産に変える
  • GooglePlay:Sansan – 名刺を企業の資産に変える

Sansan株式会社が提供する法人向けクラウド名刺管理ソフトSansanのスマートフォンアプリです。
こちらのアプリは営業に役立つ機能が多数搭載されており、コンタクト機能(自社営業が他社と接触したら自動的に情報が時系列順に羅列される)やメッセージ機能(同僚でチャットのようにメッセージができる)といった新機能も次々と追加されています。名刺を共有し、人脈を活用した業務を行うことができるため、法人でスマホを使った名刺管理をしたい方におすすめです
Sansanに関する記事はこちらから

最新比較表はこちら

Eight

  • 製品名:Eight
  • 開発元:Sansan株式会社
  • 価格・利用体系:基本0円(有料プラン有)
  • AppStore:名刺管理アプリEight
  • GooglePlay:名刺管理アプリEight

100万人に利用される名刺管理アプリEightです。
こちらのアプリの一番の特徴は人力OCRを採用しているところにあるでしょう。
ビジネス界の著名人も利用する高品質な無料名刺管理アプリとなっています!有料プランでは名刺データ化優先やCSV出力、アドレス帳連携などが利用可能です。有料プランの料金は1ヶ月契約で400円で、年間契約だと4000円と少しお得になります。

Eightを提供しているSansanに関する記事はこちらから
最新比較表はこちら

すごい名刺管理

  • 製品名:すごい名刺管理
  • 開発元:株式会社 ビズアイキュー
  • 価格・利用体系:0円
  • AppStore:すごい名刺管理 -名刺認識、名刺交換
  • GooglePlay:すごい名刺管理 -名刺認識、名刺交換

こちらもEight同様に名刺管理アプリとしては稀な人力OCRを採用した名刺管理アプリである。
そのため、名刺のデータ化には若干の日数を要するが、データ化された名刺の精度はとても高品質となっている。
こちらも無料アプリであるため、実際に他の名刺管理アプリと使い比べてみるのも良いことだろう。
最新比較表はこちら

CamCard

  • 製品名:CamCard – 名刺認識管理
  • 開発元:INTSIG Information Co., Ltd
  • 価格・利用体系:900~1500円
  • AppStore:CamCard – 名刺認識管理
  • GooglePlay:CamCard(名刺認識管理 日本語+中国語+韓国語

名刺管理アプリの中でもOCRでの文字認識をするシステムとしてはとても有名どころの名刺管理アプリです。
こちらは名刺のデータ化した精度については、人力OCRと比較した際に劣りますが、データ化されるまでのスピードに関してはすぐに完了します。
有料版となっていて、実際にユーザーの方も非常に多くいる名刺管理アプリです。
最新比較表はこちら

スマート名刺管理

  • 製品名:スマート名刺管理
  • 開発元:株式会社ジャストシステム
  • 価格・利用体系:0円
  • AppStore:スマート名刺管理
  • GooglePlay:スマート名刺管理

カメラで名刺を撮影して、OCR認識でデータ化できる名刺管理アプリ「スマート名刺管理」。Windows版のソフトがあり、パソコンからの取り込みデータとも同期できる。FacebookやTwitterといったソーシャルサービスとの連携はもちろん、「連絡先情報をシェアする」でメッセージを送信することもできます。
最新比較表はこちら

Evernote Hello

  • 製品名:Evernote Hello
  • 開発元:Evernote
  • 価格・利用体系:0円
  • AppStore:Evernote Hello
  • GooglePlay:Evernote Hello

ビジネスマンの必須ツールといっても過言ではない、Evernoteと連携した名刺管理アプリです。
普段からEvernoteのヘビーユーザーの方にとっては一番しっくりくる名刺管理アプリかもしれません。
最新比較表はこちら

メイシー

  • 製品名:メイシー
  • 開発元:株式会社もぐら
  • 価格・利用体系:0円
  • AppStore:メイシー
  • GooglePlay:メイシー

名刺データの入力は面倒なので、できればOCRで読取りしてしまいたい。しかし社内にいることが多いので、データの編集・管理はパソコンで行いたい。名刺交換を行うのはなにも外へ出かける営業マンだけではないので、よういった要望は多い方にピッタリです。メイシーのPCソフトについてはこちらから
最新比較表はこちら

名刺バンクPersonal

  • 製品名:名刺バンクPersonal
  • 開発元:株式会社アイネット
  • 価格・利用体系:0円
  • AppStore:名刺バンク
  • GooglePlay:名刺バンク

名刺を電話帳のようにあいうえお順で丁寧に管理することができます。
外部のアプリとも連携がしやすいところが一番の特徴です。

最新比較表はこちら

名刺秘書

  • 製品名:名刺秘書
  • 開発元:クレヨンソフト株式会社
  • 価格・利用体系0円:
  • AppStore:名刺秘書
  • GooglePlay:名刺秘書

同名のスマートフォンアプリとも連動しているアプリ。主な特徴は、正確なデータ化機能です。名刺はスキャナの読み取りやCSVファイルでインポートするほか郵送で名刺の束を送ることもできます。読み取った名刺は、クレヨンソフトの入力センターでオペレーターが手入力するため、誤入力の少ないデータが納品されます。
最新比較表はこちら

やさしく名刺ファイリング Mobile

  • 製品名:やさしく名刺ファイリング Mobile
  • 開発元:メディアドライブ株式会社
  • 価格・利用体系:0円
  • AppStore:やさしく名刺ファイリング Mobile FREE for iPhone
  • GooglePlay:やさしく名刺ファイリング Mobile FREE for Android

やさしく名刺ファイリング Mobileはメディアドライブ株式会社の提供する無料の名刺管理アプリだ。iPhone,Androidで利用できる。メディアドライブ社はインストール型の名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリング」を提供しており、本アプリはその付属である。パソコン上の「やさしく名刺ファイリング」で管理しているデータベースの情報を、Gmail連絡先を経由して同期させることができる。
最新比較表はこちら

比較表を参考に無料~有料までご検討ください

以上の点、比較表をふまえて、ご自分に合ったアプリをお選びください。

>>名刺管理アプリ選びでお悩みのあなたのために

 次ページ>>【人気名刺管理ソフト比較】PCで人気の名刺管理ソフト10件を徹底比較!

この記事の情報は2017年11月01日のものです

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!