名刺管理で見なおす働き方改革

名刺データをファイリングして見やすく整理「名刺入れ iCardCase」

投稿日:  最終更新日: 2019年11月19日
目次名刺入れ iCardCase名刺を見やすく整理する多機能アプリ「名刺入れ iCardCase」業種別フォルダを作成して名刺リストを整理する地図や顔写真を登録して名刺データを作成するバックアップを作成してデータ消失のリ…

名刺データをファイリングして見やすく整理「名刺入れ iCardCase」

いわば名刺とは新たな人脈づくりの幕開けだ。特に月1回、開催される定例セミナーやイベントなどでは大多数のビジネスパーソンと一斉に名刺交換できるため、顧客開拓のチャンスに期待が高まる。しかし、せっかく興味を抱いて連絡してくれた相手でも、数日経過してしまえば会話の内容どころか顔さえも思い出せず、冷や汗をかいた経験がある人も多いのではないだろうか。

今回は、そのような万が一の備えとしても重宝する名刺アプリを紹介する。

名刺を見やすく整理する多機能アプリ「名刺入れ iCardCase」

「名刺入れ iCardCase」は、名前や電話番号などの基本情報以外にも、MAPや顔写真も登録できるため、相手の名前と顔が一致しないといった悩みも解決できる優れものだ。

早速アプリを起動してみると、まるでファイリングケースのようなインターフェースが登場した。これなら大量の名刺データでも見やすく整理できそうだ。

名刺を見やすく整理する多機能アプリ「名刺入れ iCardCase」

業種別フォルダを作成して名刺リストを整理する

まずは、画面下の「カテゴリ」メニューをタップして、業種別にフォルダの定義付けを行う。カテゴリは最大10件まで登録可能だ。

業種別フォルダを作成して名刺リストを整理する

地図や顔写真を登録して名刺データを作成する

名刺データを新規作成するには「追加/編集」メニューをタップ。
撮影モードの設定アイコン をタップすると、名刺の向きやシャープネスのオン/オフも切り替えられる。閉じるボタン で前画面に戻ったら、「CAMERA」をタップして撮影を完了する。

地図や顔写真を登録して名刺データを作成する

登録した名刺は「名刺リスト」からサムネイルをタップして確認できる。電話番号・メールアドレスなどの詳細情報を登録しておけば、アプリ内からワンタッチで発信も可能。

アクセス情報も登録できるので、どこで出会った人かを思い出す際のヒントとして活用できる。

アクセス情報も登録できるので、どこで出会った人かを思い出す際のヒントとして活用できる

バックアップを作成してデータ消失のリスクを軽減

名刺データのバックアップを作成するには、「設定」から「バックアップ」ボタンをタップしてURLを取得する。ブラウザに指定のURLを入力することでアプリ内のデータを一括ダウンロードできる。出力はdatファイルのみで、作成するごとに上書きされる。
Bluetoothに対応しているので、個別に名刺データを他のデバイスに送受信することも可能だ。

blankblank
この記事の情報は2019年11月19日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑