名刺管理で見なおす働き方改革

2秒で管理できる簡単名刺管理アプリ「iBizCard」

投稿日:  最終更新日: 2017年09月21日
目次iBizCard他とは少し違うインターフェース文字情報と合せて管理を効率化まとめ iBizCard 製品名:iBizCard 開発元:サイオスコア 価格・利用体系:170円 AppStore:iBizCard …

多くの名刺を管理しているので、とにかく素早くスマートフォンで読取ってしまいたい。そんなビジネスマンは多いだろう。そこで、「秒殺で名刺管理ができる」という謳い文句を掲げるアプリ「iBizCard」をご紹介しよう。
いわゆるOCR機能付き管理アプリではなく、名刺画像をカメラで撮影・保存するアプリだ。しかし画像があれば必要情報は目視で確認できるので、それでもスピード重視という方には良いかもしれない。

他とは少し違うインターフェース

初めてアプリを使うと、すぐ現れる起動画面は戸惑うかもしれない。画像追加の際にまず現れるのが、このカメラマークが縦に2つ並んだ画面だ。ここで、名刺の表と裏を撮影するわけである。理解してしまえば、逆に言えば非常にシンプルなインターフェースといえるだろう。

カメラ部分をタップすると、撮影開始。名刺を中心に置いてピントが合ったら、再タップでシャッターが切れる。下のカメラアイコンをタップすると、上画面は登録完了。名刺を裏返してもう一度ファインダーの中に納まるよう配置したら、再びタップして裏面を撮影する。

この操作を続けていくだけで、次々に名刺画像が登録できる。まさに、秒殺で名刺情報が溜まっていくというわけだ。

文字情報と合せて管理を効率化

しかし、ただ画像だけを溜めていては、管理面が難しい。そこで「iBizCard」では、それぞれの名刺画像にコメントやタグを書き込むことができる。

<☆マーク>をタップすれば、お気に入りへ登録。後から検索するのもスムーズだ。さらに日付部分をタップすれば、メモの入力ができる。

さらに便利なのは、タグ付け機能だ。会社名などをタグとして登録しておくことで、同じタグに紐付く名刺データを見つけやすくなる。

設定画面で、タグの名前は編集可能。会社名だけでなく、サークルやグループなどで分けておくと良いだろう。
また設定画面から、電話帳の情報で名刺作成することも可能。さらにアルバムへ名刺画像をバックアップしておいたり、Zipでの圧縮ファイルで保存したりもできる。

まとめ

アプリ操作については説明なども少なく、最初は戸惑うかもしれない。しかし何度か使ってみれば、使い方は実にシンプル。名刺画像が管理できれば良いというユーザーにとっては、十分なアプリといえるだろう。
画像のみの登録で検索性に疑問を持たれるかもしれないが、タグ付け機能がその部分をカバーしている。また文字メモも残せるので、名刺を交換した日時やシーン、場所といった関連情報を一緒に登録しておくと、後から見て相手のことを思い出しやすいというメリットもある。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑