名刺管理で見なおす働き方改革

Google Driveを利用したセキュアな名刺管理アプリ 『G名刺 Free』

投稿日:  最終更新日: 2019年11月19日
目次G名刺 Freeセキュリティに配慮されているアプリ設計は好評価編集はシンプルで分かりやすい G名刺 Free 製品名:G名刺 Free 開発元:電算システム 価格・利用体系:0円 AppStore:G名刺Free G…

「G名刺 Free」はGoogle Drive™を保存ストレージとして利用している名刺管理アプリだ。
利用するにはGoogleアカウントが必要になる。

セキュリティに配慮されているアプリ設計は好評価

最初にパスコードを設定する。
iPhoneのキーロックとは別でアプリのパスコードを設定できるのは非常に安心だ。

G名刺 パスコード設定画面

次にGoogleアカウントの設定を行う。
会社で利用している場合はGoogle Appsを使用するか選ぶことができる。

G名刺 Googleアカウント設定画面

次に自分の名刺を登録する。

G名刺 名刺登録画面
G名刺 名刺撮影画面

OCR対応していないので、情報は手入力する必要がある。
また、自分の名刺は公開するか非公開にするかを選ぶことができる。
公開しておくと、名刺交換した相手に自分の名刺の登録案内を簡単に行うことができる「登録案内機能」が利用可能だ。

撮影した名刺画像が逆さまになっていたら回転させることもできるし、他の画像にすることもできる。
「保存」をタップしたら編集は完了だ。

G名刺 編集画面

編集はシンプルで分かりやすい

次に名刺を取りこんでみる。撮影後、サーバ同期処理が行われる。
名刺取り込みは連続撮影が可能で、まとめて一括処理することもできる。
名刺データが取り込まれたので、右上の「編集」をタップして編集を行う。

G名刺 名刺詳細画面

分類分けもできる。分類の登録は画面上部真ん中の「未分類」をタップする。
右上の「新規作成」をタップして、分類を登録する。操作はシンプルで分かりやすい。

G名刺 一覧画面

一覧画面からは、名刺の送受信や並べ替えを行うことが出来る。
並べ替えは「名前順」「会社順」「登録日順」で行うことが可能だ。

G名刺 ソート画面

詳細画面からは、電話をかけたりメールを送ったりといった基本的な操作ができる。

G名刺 電話画面

G名刺 メール送信画面

設定画面では、Googleアカウントの設定などを行うことができる。

ちなみにGoogle Drive™では以下のように管理されているようだ。
名刺フォルダの中に自分の名刺と各分類ごとに名刺データが管理されている。

G名刺 Google Drive画面

なんといってもセキュリティに配慮されているアプリには安心感がある。
万が一、iPhoneをなくすようなことがあっても、アプリ自体のパスコードがあり、
データ自体は端末ではなくGoogle Drive™に保管されている。

また、自分の名刺情報を更新すると、他のG名刺ユーザに自動で通知される機能がある。
再度名刺交換を行わなくてもよいのは非常に便利だ。

「G名刺 Free」で登録できる名刺データは100件までと限られているが、
そんなに名刺が多くない人にとっては機能充分で使いやすいのではないだろうか。

「G名刺 Free」

開発:Densan System Co.,Ltd.
価格:無料

  • Google Drive™で名刺情報を管理することができる
  • アプリ自体のパスコードロックでセキュリティ強化
  • アプリからもPCからも利用することができる
blankblank
この記事の情報は2019年11月19日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑