【徹底分析!!】ダントツNo.1名刺管理アプリEightの人気の理由とは? - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

【徹底分析!!】ダントツNo.1名刺管理アプリEightの人気の理由とは?

投稿日:2014年11月24日  最終更新日: 2016年01月21日

iPhoneやAndroidで使う名刺管理アプリ人気ランキングでEightがダントツの1位に!

 

140424_san_01
iPhoneやAndroid、iPadで利用できる名刺管理アプリの中でどの名刺管理が人気か先日、
アスキーメディアワークスで運営される週刊アスPLUSにてアンケートが実施された。

 

その結果、2位と圧倒的な差をつけて名刺管理アプリのEightが1位を獲得した。
アンケート結果はこちらから):週刊アスキー【週アスPLUS】(リンク先)

 

そこで今回は50万人に利用される名刺管理アプリEightの人気についてご紹介する。
過去のEightに関する記事はこちらから

Eightの一番の特徴は人力OCRであるということ

名刺管理のアプリは多くあれど、その中で人力OCR(人が名刺の文字を手入力すること)を採用しているアプリはかなり少ない。
人気の秘訣はここにあるのだろう。

 

通常の名刺管理アプリの場合、名刺管理の文字を認識するシステムはOCRのみで行われるアプリが多い。
そのため、ダントツの人気になった理由として、人力OCRでの文字入力が考えられることだろう。

 

人力OCRとOCRのみの文字入力には違いはなにか?

人力OCRの場合、人が名刺の文字入力をしているため、精度はかなり高くなる
しかしながら、名刺のデータ化には時間がかかるようだ。

 

一方でOCRのみで名刺をデータ化する場合、データ入力にかかる時間はほとんどかからない。
しかし、データ化された名刺の精度に関しては、人力OCRと比較した際、あまり高くはない。

 

この2つの特徴がある中で、人物OCRを採用したEightは今回、抜群のシェアを獲得したようだ。

 

今回のアンケート結果からEightを利用しているユーザーに次いで多かったのが、紙名刺のまま名刺を管理しているという層だ。
しかし、スマホが世の中にここまで普及している現在、どうしてこんなにも多くの割合の人が名刺を紙で管理しているのだろうか?

 

pic1-thumb-500xauto-6292

上記のグラフは実際に20代〜50代のビジネスマン415人にアンケートを実施した際の結果だ。

 

その中で、名刺管理アプリを実際に利用する中で、毎回名刺を交換する度に撮影をすることが大変だと感じるビジネスマンが多くいることが分かった。
そのため、未だに名刺を紙のまま管理するという層が多くいるのだろう。

 

そこでEightでは、この課題を解決するべく、実際に今までも多くのキャンペーンをしてきたようだ。

 

logo_dokodemoscan

 

「どこでもスキャン計画」というどこでも名刺をまとめて管理できるサービスの中で、コワーキングスペースに専用スキャナを設置する企画や実際に訪問をして、名刺を取り込むサービス、カメラのキタムラと提携をして、900店舗にEight専用の店舗預かり型の窓口を設置している。
toplogo

 

まさにどこでも名刺を手軽にデータ化できる状況を作ったことが、Eightの利用ユーザーを増やしている要因とも考えられることだろう。

 

ビジネス界の著名人にも愛用されるEight

 

実際にこうしたキャンペーンによって、Eightのユーザーも実際に50万人を突破し、実際のユーザーも満足している様子が口コミなどからも伺える。
利用ユーザーの中にはビジネス界の著名人も多くいる。

 

あの大ヒット書籍、レバレッジシリーズなどの著者である、レバレッジコンサルティング株式会社 代表取締役社長の本田直之氏
ITジャーナリスト・作家として広く知られている、佐々木俊尚氏もEightのユーザーだ。

 

こうしたビジネス界の著名人にも愛用されるアプリである事も、名刺管理アプリとしてEightが人気である要因であるだろう。

さいごに

会社として有料の名刺管理システムを利用しなかったとしても、今では個人向けの名刺管理アプリが多く、非常に使い勝手も良くなってきている。

 

名刺管理を実際に手軽にはじめてみたいという方は、この機会にぜひ、Eightを利用してみてはいかがだろうか?

 

今回のご紹介は以上です。

↑
気になる語句で検索してみましょう!