名刺管理で見なおす働き方改革

連絡先…だけじゃない。日報登録も可能な「BusinessKing」

投稿日:  最終更新日: 2019年11月19日
目次BusinessKing基本の情報登録は「手入力」日頃のやり取りを、日報形式で管理自分に合った使い方が可能な、多機能性まとめ BusinessKing 製品名:BusinessKing 開発元:株式会社ウェブスターシ…

日々多くの方と会い、多忙を極めるビジネスマン。やり取りに必要な連絡先情報は当然のこととして、やり取りの内容なども一元管理したいというニーズはあるだろう。
例えば日報などは、パソコンで作成しているという人が多いはずだ。今回はそんな作業を連絡先情報に紐付け、スマートフォン上で管理できるアプリをご紹介しよう。

基本の情報登録は「手入力」

アプリで連絡先情報を管理し、その情報に紐付いて日頃の相手とのやり取りなども登録・管理できる。それが、「BusinessKing」だ。

このアプリは、「名刺管理アプリ」ではない。そのため従来の名刺管理アプリのようにOCR機能を使って名刺データを読込・登録するのではなく、あくまで連絡先情報は手入力だ。この点は、「効率的に連絡先情報を管理したい」というニーズであれば合わないだろう。

アプリを起動すると、連絡先の一覧が表示される。新しく情報を登録するには、「登録」をタップする。

基本の情報登録は「手入力」

登録上の必須項目は、「企業名」のみだ。その他の項目は任意なので、入力しなくても登録ができる。とりあえず基本情報だけ登録しておいて、詳細は後で…といったことも可能である。

登録上の必須項目は、「企業名」のみだ。その他の項目は任意なので、入力しなくても登録ができる

日頃のやり取りを、日報形式で管理

特にこのアプリの大きな特徴となるのが、日報機能だろう。連絡先毎に、日頃のやり取り内容やメモ書きなど、日報を登録しておけるのだ。例えば電話メモや、商談後にその内容をメモしておくといった使い方もできる。

日報を登録したい連絡先をタップすると、メニューが表示される。アイコン8つのみのシンプルな設計で、非常に分かりやすい。ここで「日報」をクリックすると、登録された日報が確認できるというわけだ。

日報をタップすると、詳細が確認できる。後から修正・削除も、もちろん可能だ。

日頃のやり取りを、日報形式で管理

新しく日報を登録したい場合には、「登録」をタップしよう。

新しく日報を登録したい場合には、「登録」をタップしよう。

自分に合った使い方が可能な、多機能性

自分に合った使い方が可能な、多機能性

相手の情報を管理するのに、登録しておきたい情報というものは人によって異なる。「BusinessKing」には、利用シーンに合わせ使い分けられる様々な機能が搭載されているのも魅力といえるだろう。

例えばOCR機能での名刺読取りはできないが、画像データとして連絡先に名刺画像を登録することは可能である。
電話帳の登録画面から、「表面」「裏面」に分けてそれぞれ撮影・登録する。この際、撮影はカメラアプリとは異なり画面上をタップするだけだ。

例えばOCR機能での名刺読取りはできないが、画像データとして連絡先に名刺画像を登録することは可能である

あるいは相手の住所を登録しておくと、メニューから「地図」を選ぶだけでマップアプリが起動する。アポイントに向かう際などは、とても重宝しそうだ。

メニューから「地図」を選ぶだけでマップアプリが起動する

もちろんアプリ上から直接電話もかけられる。ただ、メールが送れないのは少々残念だ。
連絡先は五十音検索や、文字列検索ですぐに検索が行える。多くの相手とやり取りする人でも、これなら必要な情報に辿り着けるだろう。

まとめ

個人ユーザーというよりは、営業マンなど日頃から多くの相手とやり取りを行うビジネスマン向けのアプリといえる。普段メモ書きしているような情報を日報に残しておけば、仕事は効率化できそうだ。

「あの人と、電話で何を話したか忘れた」
「顧客とのやり取りで、進捗が分からなくなった」

そんな不安も、「BusinessKing」は解消してくれそうだ。これでOCR機能が付けば、連絡先管理アプリのまさにKingともなり得るかもしれない。

blank blank
この記事の情報は2019年11月19日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑