名刺管理で見なおす働き方改革

独立型メモ機能を搭載!新発想の名刺管理アプリ「Busica for iPhone」

投稿日:  最終更新日: 2019年11月19日
目次Busica for iPhone外部連携サービスも強化名刺を新規登録するメモと名刺データを関連付ける Busica for iPhone 製品名:Busica for iPhone 開発元:株式会社エンジョブリンク…

独立型メモ機能を搭載!新発想の名刺管理アプリ「Busica for iPhone」

2011年4月、株式会社ビジカ・ビジネスシステムは、開発ディベロッパー「エンジョブリンク」と提携し、独立型のメモ機能を搭載した名刺アプリ「Busica for iPhone」をリリースした。メモ機能は名刺データに依存しないため、1つのメモに対して複数の名刺情報を割り当てることが可能。現在、特許出願中で大注目の名刺アプリである。

外部連携サービスも強化

登録可能なデータ件数は、名刺・メモ共に最大2,000件。国内の名刺管理アプリの中ではトップクラスだ。
メモには最大6枚の画像を添付することができ、GoogleカレンダーやEVERNOTEといった外部サービスとの連携が強化されている。そのため、セキュアにアプリを利用できるよう初回起動時には、アカウント設定が必要となる。

外部連携サービスも強化

名刺を新規登録する

それでは実際にアプリを使ってみる。名刺を登録するには、メニュー画面の「NewRecord」をタップする。写真の取り込み方法は、QRコード・カメラ・アルバム・テキスト入力・iPhone連絡先の中から好きなものを選択できる。写真を取り込んだら基本情報を入力するという、いたってシンプルな操作方法だ。

名刺を新規登録する

画面を下にスワイプして「フィールド」に位置情報を追加すれば、名刺やメモに添付する住所をGoogleマップに表示できる。
現在位置から名刺に登録したスポットへのルートを検索するには、メニュー画面の「Map」をタップして「Googleマップルート」を選択する。

名刺やメモに添付する住所をGoogleマップに表示できる

名刺登録完了後は、メニュー画面から「Name」をタップして、サムネイル一覧から該当の名刺を選択する。

登録情報は個別にデータ送信することも可能。テキストデータに変換してメール送信するには「メール」、EVERNOTEに送信するには「POST」をそれぞれタップする。

名刺登録完了後は、メニュー画面から「Name」をタップして、サムネイル一覧から該当の名刺を選択する

メモと名刺データを関連付ける

メモと名刺を関連付けるには、メニュー画面から「MemoList」を開いて、メモを新規作成する。「名刺関連付」ボタンをタップして、関連付けたい相手の名刺を選択する。

メモと名刺データを関連付ける

尚、デフォルトではメモ一覧画面のサムネイルが表示されないようになっている。表示させるには、「Setting」→「メモ設定」の順にタップして、表示方法を「オン」に設定する。

blankblank
この記事の情報は2019年11月19日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑