スマホで手軽な名刺管理! - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

スマホで手軽な名刺管理!

投稿日:2016年02月12日  最終更新日: 2017年09月21日

多くの名刺をもらうと、どうしても整理をせずにそのまま放置してしまいたくなります。しかし、名刺には営業成績を上げるチャンスがたくさん含まれています。そのため、せっかくもらった名刺を放置していることは、営業成績を下げていることと同じだといえます。名刺はしっかり管理して営業につなげたいものです。

管理が面倒

名刺管理が営業につながるといっても、管理に時間をかけすぎると、コストパフォーマンスの悪い作業になってしまいます。貴重な名刺データを整理できても、そのデータを活用できる時間が少なくなってしまうからです。特に、多くの名刺をファイルなどを利用して手動で分類している場合は、時間が多くかかってしまいます。そこで、名刺管理を短時間で行えるよう、アプリの活用を考えてみましょう。

スマホアプリだと特に手軽

iphone6plus-538898_640
名刺管理を行うアプリを使う場合、スマートフォンで利用するのが最も手軽だといえます。スマホは仕事中も肌身離さず持ち歩いている人が多いことから、わざわざ会社に戻ってから名刺整理に長い時間を費やす必要がなくなります。スマホアプリは複数種類あり、希望に応じて使い分けができる点も魅力です。では、どのスマホアプリが自分にあっているのかを判断するには、どうすればよいのでしょうか。

精度を重視するなら人力OCR

名刺入力に精度を求めるなら、読み取った名刺画像を見ながら人の手で必要事項を入力する人力OCRの仕組みを採用しているアプリが適しています。名前や肩書などを検索する際には、内容が正確に入力されていないと目的の情報にたどり着くことが難しくなってしまいます。したがって、検索を行う機会が多いならば、人力OCRで名刺データを作成できるアプリを利用してみましょう。
人力OCRでデータを作成してくれる名刺管理アプリとしては、「すごい名刺管理」などがあります。「すごい名刺管理」では、名刺を交換した相手と簡易なチャット機能を利用できる点が特長です。また、人力OCRを利用しているだけあって、入力の精度が極めて高いとの評判を受けています。精度に対するこだわりが強いなら、「すごい名刺管理」をはじめとする人力OCR採用の名刺管理アプリをチェックしてみましょう。

人力OCRは名刺のデータ化に時間がかかる

typing-690856_640
精度の高さが売りの人力OCR採用アプリですが、デメリットもあります。人力で名刺データを入力するため、どうしても名刺がデータ化されるまでに時間がかかってしまうのです。名刺のデータ化は在宅ワーカーにオンラインで依頼するなどしてスピーディーな作業を極力実現してはいるものの、やはり機械で自動的にデータ化する場合と比べれば時間がかかってしまいます。どうしても名刺データ化にスピードを求めるなら、人力OCRのアプリは避けておきましょう。

スピーディなデータ化ができるアプリとは?

人力OCRを活用しておらず、スピーディーに名刺をデータ化できるアプリとしては、CamCardが挙げられます。CamCardは有料なので費用がかかる点が難点です。しかし、読み取った名刺画像を自動的に認識してデータ化してくれるため、名刺画像を読み取ればスピーディーにデータ化を完了させることができます。名刺をもらったその日のうちにデータ化してしまいたいなど、特に忙しいビジネスマンにとっては、CamCardのスピードは魅力的だといえます。

スピードと精度のバランスで判断

名刺管理アプリは大きく分けると、人力OCRを採用しているものと、機械で自動的に画像データを読み取るものがあります。人力OCRだと精度が高い反面、データ化のスピードが遅くなります。いっぽう、機械による自動データ化の場合は、スピードは速いものの、画像データによっては精度が下がってしまいます。名刺管理アプリを利用する際には、スピードと精度のバランスを考えながら選択しましょう。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!