名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える|名刺管理Hacks

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

新着記事

アナログなのに維持費?名刺管理にかかるコスト削減方法とは

2017年09月20日

クラウド基幹システムの導入のメリット・デメリットとは?

2017年09月20日

クラウド名刺管理サービス「Sansan」の価格体系は「社員総営業マン」を目指す企業に最適

2017年09月21日

クラウドでの個人情報管理で抑えたい安全性とリスク

2017年09月20日

エクセルで名刺を管理。名刺管理テンプレートをダウンロード。

名刺を営業に活かす!名刺管理とSFAの連携について

2017年08月18日

デジタル社会に取り残されないための「デジタルトランスフォーメーション」のすすめ

2017年08月10日

ABMのプロセスに名刺管理サービスが効果的な理由

2017年08月08日

企業規模別!名刺管理サービスの効果的な活用方法

2017年09月20日

話題の名刺管理サービスを厳選して徹底比較。

これから建築業界で名刺管理が重要になる理由とは?

2017年09月20日

働き方改革の失敗事例からコスト削減の成功の法則を学ぶ

2017年09月20日

天才でなくてもできる「生産性を向上させる方法」とは?

2017年09月20日

人が集まるセミナーとは?集客のコツと注意点まとめ

2017年09月20日

名刺作成サービス6選!特徴や料金、納期の違いとは

2017年09月22日

おしゃれなスケルトン名刺を持つ効用とは?

2017年09月21日

名刺管理とは

名刺管理とは、社会人の必須アイテムである「名刺」を効率的に扱う方法です。従来の名刺管理といえば、ホルダーやフォルダを利用した管理のことを指してました。ビジネスソフトウェアが登場してからは、スキャナやソフトウェアを利用して名刺をデジタルデータに変換して管理するようになりました。

そして現代、名刺管理には、2つの潮流があります。

ひとつは、名刺を『お客様との接点』と捉え、組織単位で名刺データを共有・蓄積して売上を上げる考え方です。主に、BtoBのマーケティング活動には、展示会・セミナー・営業活動で接点を持った相手に継続的に情報提供して、将来の顧客を育成するリードナーチャリングという考え方があります。そういった文脈の中で、「名刺」とは、顧客との接点の証であり、「将来の売上に繋がるために共有・蓄積するものだ」と考えられ始められています。名刺を利用して売上を上げるというコンセプトを持つ名刺管理ソフトウェアには、メール配信機能や商談管理が付いているのが特徴です。もう一つの潮流は、クラウドやスマートフォンといった、テクノロジーの進化やデバイスの多様化に対応した名刺管理のあり方です。既に数多くのスマートフォン向け名刺管理アプリが登場し、カメラで名刺を撮影するだけで名刺をアプリケーション内に保存して、検索したりメーラーを立ち上げられます。またクラウドサービスならば、会社PC、スマートフォン、タブレットPCなどマルチデバイスでも簡単にクラウド上に保存された名刺データを同期して連絡先探しやすくなります。

↑
気になる語句で検索してみましょう!